聘珍樓横濱本店の移転先はどこ?移転後の開業日や移転理由って何?

スポンサーリンク

 

悲しいニュースがありました、国内で最も古い中国料理店の横浜中華街の「聘珍樓横濱本店」ですが、移転のため15日で閉店しました。

創業の地であり、明治期以降130年以上にわたって現地で営業をされていて、

利用者や同業者などからは「中華街のシンボルが一つ失われる」と、惜しむ声が聞こえてきます。

移転先ってどこなのかな?移転後の開業日や移転理由って何?

素朴な疑問をまとめてみました。

是非、最後まで読んで行って下さいね。

 

スポンサーリンク

聘珍樓横濱本店の移転先はどこ?

 

横浜中華街から1つのシンボルが消えてしまって悲しいですよね。

移転については、前々から計画されていた様子でして、昔からのファンにとってはどこに移転するか気になりますね。

実は、移転先についてはまだ未定なんです。

コロナの影響で移転計画は前倒しになったようで、Twitterの投稿を見ますと寂しいという感想もたくさん投稿されていました。

有名なお店でしたからね、全国から足を運ばれた方もたくさんいたと思います。

早く移転作が決まればいいですよね。

聘珍樓横濱本店の移転理由は?

 

創業が1884年で、134年前です。

関東大震災や戦中戦後を乗り越えて、中華街のシンボルだったのに移転するなんて?

その理由はなんなんでしょうね?

「公表できる段階でない」と移転理由なども、実は公表されていません。

ただ、「本店」の名を東京や大阪など他店舗に移す事などないとの事で、

中華街の「聘珍茶寮」や売店、カフェなどの営業は継続してくれるそうです。

更に、国内外のレストラン8店や売店は営業を継続してくれます。

林衛社長は「味と伝統を守り抜き、次の世代に伝えていくため、一層努力していく」仰っていましたので、移転先でも期待できますね。

 

スポンサーリンク

聘珍樓横濱本店の移転後の開業日はいつ?

再開開業時期も未定のままの閉店でした。

移転先に食べに行きたいと思うファンもいるはず。

お店のホームページに更新情報を見にお邪魔してみました。

そこには、ちょっと嬉しい事が書いてありました。

聘珍樓横濱本店を一旦クローズすることにしました、一旦なのでまた再開してくれると思わせてくれます。

現在新店舗への移転を準備している、計画が進行中なので、期待できる。

公式ホームページを見ていれば当然、最新情報がチェックできるので、是非お気に入りに登録しておく事お勧めです。

聘珍楼公式ホームページ

聘珍樓横濱本店の閉店についての世間の声は?

 

 

やはり、138年という歴史がみんなから愛されていた中華調理屋さんだって分かりますね。

これだけ大きいシンボルがなくなるって、本当に寂しい限りです。

まとめ!

以上、聘珍樓横濱本店の移転先はどこ?移転後の開業日や移転理由って何?をお届けしました。

移転先が決まったら食べに行ってみたいです。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

みなさん、初めまして。 野球が大好きなスズキです。 プロ野球や大リーグなど、試合結果だけでなく日々の野球に関係するニュースや選手の情報、はたまた高校野球から社会人野球までと幅広く関心を持っています。 自分も若い時に野球の経験があってたまに草野球やバッティングセンターで汗を流しています。 観戦だけでなくプレイする楽しみも年齢が上がるにつれてたまらない物があります。 野球に関する記事を書いていくので興味ありましたら読んで行っていただけると幸いです。 今後、是非よろしくお願い申し上げます。