餃子の王将値上げ商品は何?いくら値上げするの?

スポンサーリンク

 

王将フードサービスは、5月14日から「餃子の王将」で提供するギョーザやチャーハンなど14商品について、値上げすると発表しましたね。

悲鳴が聞こえてきそうですが、値上げの対象となったのはメニュー全体の約2割で、残りの約8割は値段を据え置く事については胸を撫で下ろしたましたが、、、。

では、値上げ商品は何なのか?いくら値上げするのか?

餃子の王将をよく利用する人には気になる所ですよね。

早速、餃子の王将値上げ商品は何?いくら値上げするの?と題してお届けします。

では見て行きましょう。

 

スポンサーリンク

餃子の王将値上げ商品は何?いくら値上がりするの?

 

ここで注意として税込価格は店内飲食用になります。

餃子で見ると、通常が264円、東日本価格は286円。

にんにくゼロ生姜は、上記と同じ。

にんにく肉増しが319円で東日本も同じ価格です。

従来より20円値上がりですね。

炒飯473円、東日本価格は528円と30円弱値上がり

これも一押しの鳥の唐揚げ、よく注文するんですが、572円、東日本価格は594円と20円弱値上がり。

天津飯517円、東日本価格は561円の値上がりと、30円弱値上がり。

天津炒飯671円、東日本も同じで、30円弱の値上がり。

ニラレバ炒め561円で東日本も同じ、30円弱の値上がり。

酢豚が、583円で東日本価格は605円、30円弱の値上がり。

餃子の王将ラーメンも値上がりします。

これもかよーって、結構残念に思います。月に2〜3回は食べているので痛いです。

550円、東日本価格は572円で、20円弱の値上がり。

中華飯が、539円、東日本価格は583円、30円弱の値上がり。

焼きそば醤油が、473円、東日本価格は528円、30円弱の値上がり。

麻婆豆腐が、528円東日本価格は583円で、30円弱の値上がり。

海老のチリソースが、693円、東日本価格は715円、30円弱の値上がり。

回鍋肉が、550円で東日本も同じ、値上がりは20円弱です。

揚げそばが、671円、東日本価格は693円、値上がりは30円弱です。

うーーん、最近値上がりがどこも目立っていますね。

庶民のオアシス(笑)が行きづらくなって来たな〜。

餃子の王将値上げについて世間の声は?

全体的に、政府の金融緩和の点を絡めての厳しい声が目立っていました。

 

 

 

値上げは数十円ですが、月によく利用する僕にとっては、痛いんですよね。

コロナやらロシアの問題やらで暗いニュースばかりですね。

まとめ!

以上、餃子の王将値上げ商品は何?いくら値上げするの?をお届けしました。

大手牛丼チェーンや電気代、小麦粉なども値上がりしましたね。

これ以上値上がりする商品が増えない事を切に願っています。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

みなさん、初めまして。 野球が大好きなスズキです。 プロ野球や大リーグなど、試合結果だけでなく日々の野球に関係するニュースや選手の情報、はたまた高校野球から社会人野球までと幅広く関心を持っています。 自分も若い時に野球の経験があってたまに草野球やバッティングセンターで汗を流しています。 観戦だけでなくプレイする楽しみも年齢が上がるにつれてたまらない物があります。 野球に関する記事を書いていくので興味ありましたら読んで行っていただけると幸いです。 今後、是非よろしくお願い申し上げます。