もっちー先生は何者なの?年齢や本名に素顔などのwiki風プロフィール!

スポンサーリンク

 

いま最も熱いマンガといってもいい『ワンピース』の考察系ユーチューバーとして現在、

話題になっているもっちー先生はご存知でしょうか?

サングラスにフード、そして特徴的なカラーの髪の毛にドレッドヘアはミステリアスな感じがして印象深いですよね。

ワンピースという作品では『謎』というテーマがついて回るのですが、考察系ユーチューバーとしてあえてミステリアスな外見を見せているもっちー先生自身も謎の男としてよく知られています。

今回はそんなミステリアスなもっちー先生について詳しく、分かる範囲で紹介していきたいと思います。

 

スポンサーリンク

 

もっちー先生は何者なの?

もっちー先生はご存知な方も多いかとは思いますが、マンガ『ワンピース』の考察をユーチューブ上に公開している考察系ユーチューバーと呼ばれている方です。

かなりのビッグタイトルなので考察をする方は多くいますが、もっちー先生はその中でも考察のクオリティが高いことで現在大活躍中で、

最近では大物ユーチューバーのヒカルさんともコラボしており考察系としてはまさにバズっている方といったところでしょうか。

最近では生配信の人気ランキングに掲載されるなどして、考察系ユーチューバーとは思えない人気となっています。

 

もっちー先生の年齢や本名は?

先に結論から言うと、もっちー先生本人からは年齢や本名はもちろんのこと身長や学歴、職業などの情報は一切公言されていません。

強いて言うのであれば誕生日はワンピースに登場するキャラクター『カイドウ』と同じ5月1日ということくらいでしょうか。

しかし、大人の男性のような落ち着いた声色やかなりのお酒に慣れているようなツイートを見ると成人しているのは間違いなく、

20代前半というよりは20代後半くらいの年齢なのかなと思われます。

また、もっちー先生という名前もファンの中では自身の名字や名前からとって付けられたのでは?なんてことも言われています。

 

もっちー先生の素顔は?

こちらに関しても、調べた限り現段階では素顔の公表や顔バレなどは全く出ていません。

そもそも普段から動画内でもフードのサングラスをしているので本人が動画などで公開しない限りはプライベートでの顔バレは可能性的に低いかと思われます。

先程、身長に関しても不明と言ったのですが動画内でヒカルさんと並んでるいるのを見ると、

175cmと公表しているヒカルさんと同じか少し高いかなくらいなので、175~178cmくらいと思われます。

 

もっちー先生の考察の経歴は?

現在公開されているもっちー先生の考察の初投稿は『2020/10/27』となっておりコメントからしても当初からクオリティの高さは他の考察系ユーチューバーと比べても軍を抜いています。

そして、もっちー先生が始めに知るきっかけとなったのは先程少し紹介したカイドウというキャラクターの考察の動画です。

ワンピース本編でも盛り上がりを見せていた当時、やはりそれに比例して考察系ユーチューバーとしての知名度もかなり上がりました。

 

 

ワンピース本編も最終章に入ると話題になった最近では、単なる考察動画だけでなく他考察系ユーチューバーとコラボ対談と称して生配信を行ったり、

すでに紹介しましたが大物ユーチューバーヒカルさんとコラボしたりと活動の幅が広がりつつあり、もっちー先生の考察を見てからワンピースに興味が出たなんて方も多くいらっしゃると思います。

 

まとめ!

以上、もっちー先生は何者なの?年齢や本名に素顔などのwiki風プロフィール!をお届けしました。

フードにサングラスと謎の存在感が否めないもっちー先生ですが、そのイメージ通り現段階では本人の詳細は明らかになっていません。

やはりあくまでももっちー先生は純粋な考察系ユーチューバーとしての役割的に顔出しなどの本人が関わる情報は不要だと考えているのかも知れませんね。

いずれ年齢や素顔が公開されるかどうかはわかりませんが、あるとするならマンガ『ワンピース』が連載を終了してからであると考えられます。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

みなさん、初めまして。 野球が大好きなスズキです。 プロ野球や大リーグなど、試合結果だけでなく日々の野球に関係するニュースや選手の情報、はたまた高校野球から社会人野球までと幅広く関心を持っています。 自分も若い時に野球の経験があってたまに草野球やバッティングセンターで汗を流しています。 観戦だけでなくプレイする楽しみも年齢が上がるにつれてたまらない物があります。 野球に関する記事を書いていくので興味ありましたら読んで行っていただけると幸いです。 今後、是非よろしくお願い申し上げます。