ラッパーSATORUの年齢や本名は?身長や経歴などのwiki風プロフィールを紹介!

スポンサーリンク

 

ブレイキングダウン6のオーディションで高いコートを着て、いかつい格好をして会場の目を引いたSATORUさん。

ケンカバトルロイヤルで優勝して腕っぷしは相当自信があるとの事で、正直怖かったです。

バン仲村さんとも戦った事があって、雛壇のメンバーも興味津々。

このSATORUさんがどんな人か気になってしまったので、プロフィール系をまとめてみました。

是非、最後まで読んで行ってくださいね。

スズチョッパー
仲村さんを倒した事があるって、こりゃ強いぞー

 

スポンサーリンク

 

ラッパーSATORUの年齢や本名は?

会場に現れた時に、凄い風格で落ち着いていましたね。

結構年齢いってるのかなって思いましたが、生年月日が1997年7月10日の2022年10月現在25歳です。

結構若い方ですね、瓜田さんや仲村さんを呼び捨てにしていたので、同じくらいの年齢かとも想像しました。

本名もそのまま、SATORU(サトル)さんです。

格闘技経験はなく、ケンカで培ったストリートファイトで自身の強さをアピールしていて、

これはまた凄い選手が出てきましたね。

生まれたのはブラジルサンパウロで、顔もハーフ顔していて、カッコいいんです。

出身は栃木県足利市です。

 

ラッパーSATORUの身長や体重は?

イカツイ体にケンカがかなり強そうな雰囲気、でも動画を見ると凄く礼儀正しくていい人な感じですよ。

身長も177センチメートルと高身長で体重が80キロと、スポーツマン?って思う体格です。

これでラップを仕事にされているので相当インパクトありますね。

 ブラジル人の母親と日経の父親の間に生まれたのでブラジルの血が入っています。

過去には『C.M.D13』という、ギャングチームにいて、喧嘩もたくさんしたそうで、

この体格ですからね、根性も据わっていて、腕っぷしも相当自信あるようです。

 

スポンサーリンク

 

ラッパーSATORUの経歴は?

SATORUさんは、ブラジルから3歳の時に栃木県足利市に移り住みます。

シングルマザーで育ち、家族は姉、兄と母親です。

13歳からHIPHOPを聞き始めて、16歳で音楽活動をスタートしています。

C.M.D13』という、ギャングチームにも所属して、警察沙汰も多かったようです。

地元のMAKAさんというMCに影響を受けて、彼の初ライブで、オレもラップやりたいんで教えてくださいって頼んだのがきっかけです。

また、AK-69さんからも影響を受けて、中1に聞いた曲でソウルみたいなものが感じて本格的にHIPHOPにハマっていきます。

一時期はHIPHOPへの熱が冷めた時もありますが、自由への渇望からラップをもっと自由にしたいという事で再度ラップを始めます。

20代では、『サトルコーポレーション』という建設現場の派遣会社も経営して、従業員もちゃんと雇っていて、収入も結構あったんです。

その後は事業がうまくいかず、再度警察にお世話になってしまいます。

しかし、ANARCHYのライブを機に再び音楽活動に熱いれます。

ちなみに、SATORUさんは持ち前の腕っぷしで、ケンカバトルロイヤルでも、その強さを証明しています。

 

ラッパーSATORUの強さは?

上記の動画でも紹介しましたが、試合は負けた事がないんです。

上半身の画像でも筋肉が凄いですよね。

相手もこれではびびってしまいますよ(笑)。

2022年6月15日からケンカバトルロワイヤルに参戦していて、

決勝でバン仲村さんを判定で倒しています。

壮絶な殴り合いでしたが、終わったあとはお互いを称えあっていてカッコ良かったです。

 

スポンサーリンク

 

まとめ!

以上、ラッパーSATORUの年齢や本名は?身長や経歴などのwiki風プロフィールを紹介!をお届けしました。

オーディションのイメージと違って、しっかりしていて、相手をリスペクトするし礼儀もちゃんとしていてSATORUさんに興味を持ってしまった人多いのではないでしょうか。

音楽でも海外展開を目標にしていて、もっとメジャーになりたいという野心もお持ちのようで、

今後のSATORUさんの活躍から目が離せませんね。

後でSATORUさんの曲をじっくり聴いてみたいと思います。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

みなさん、初めまして。 野球が大好きなスズキです。 プロ野球や大リーグなど、試合結果だけでなく日々の野球に関係するニュースや選手の情報、はたまた高校野球から社会人野球までと幅広く関心を持っています。 自分も若い時に野球の経験があってたまに草野球やバッティングセンターで汗を流しています。 観戦だけでなくプレイする楽しみも年齢が上がるにつれてたまらない物があります。 野球に関する記事を書いていくので興味ありましたら読んで行っていただけると幸いです。 今後、是非よろしくお願い申し上げます。