SUMIDe(スミデ)の学歴や本名は?年齢や経歴などのwiki風プロフィール!

スポンサーリンク

 

クラブあるあるをやっているインフルエンサーのSUMIDe(スミデ)さんをご存知でしょうか?

登録者数は1万人いないんですが、TikTokでのフォロワーが何と、19万人もいるんです。

僕はTikTokを見ていたらたまたま発見して、クラブあるあるってとこが面白そうだって思ったら案の定ゲラゲラ笑っていました。

では、このスミデさんって何者なんでしょうか?

SUMIDe(スミデ)の学歴や本名は?年齢や経歴などのwiki風プロフィール!でまとめました。

早速いきましょう。

 

スポンサーリンク

 

SUMIDe(スミデ)の経歴や本名は?

@sumide.club @ミナミ倶楽部 @新居すぐる 7月29日!心斎橋にあるパレットさんにてゲストバーテンダーやるので是非是非!!すぐる君もいるよ!クラブあるある #クラブあるある #クラブのある生活 #クラブ #渋谷 #六本木 #パリピ #セキュリティ ♬ Get Dirty – Mike Williams

SUMIDe(スミデ)さんは、クラブでたっくさんダサい思いをしてきて、見てきたからこそ、伝えたいと言っていて、クラブ経験が豊富な方のようです。

では、本名はというと公開していません。

YouTubeの方は何か就活生のためになる内容の動画であったり、20代後半までにやっておいた方がいい事とか自己PRの書き方など、、、。

この人頭がいいというか、凄い人?な匂いがしてきます。

経歴ですが、元三菱USJ銀行の銀行員です。

しかも、しかもですよ。

米国公認会計士、米国税理士で、数字にはかなり強いのが分かります。

アメリカで会社設立(税務・会計)、シリコンバレー拠点の音声認識開発企業で日本支社のCFOにもなっています。

ТРКИ В-1,В-2(ロシア語検定、現地大学院入学水準)。

これは凄い!

三菱に入れるってなると高学歴ですね。

資格も凄すぎる。

何でクラブあるあるやってるんだろうって不思議ですね。

 

SUMIDe(スミデ)の年齢や学歴は?

うん、動画の内容を見ても20代ではないはず。

言葉に重みがあって、参考になります。

年齢は31歳です。

格闘家の新居すぐるさんもTikTokによく出ています。

新居さんはクラブのセキュリティーもやっているので、納得します。

筋トレをよくやっているので、やはりセキュリティーは体も丈夫でないといけないんですね。

カッコいいって声も多数投稿されてました。

学歴については、上記の経歴から相当凄いんだと予想できます。

高校や大学は公開されていません、残念ながら。

英語も話せる感じだし、会計士の資格もあるし慶應、早稲田、一橋とかそのあたりの大学の可能性ありますね。

高校は麻布とか開成あたりかなってね。

 

SUMIDe(スミデ)の勤務しているクラブってどこ?

@sumide.club こうして成長していくんだろう クラブあるある #クラブのある生活#クラブ#渋谷#六本木#パリピ#やりらふぃー #クラブのある生活 ♬ Kids – Steve Aoki;Morten

身長が175㎝もあって、イケメンで頭がいいセキュリティーがいるってレアじゃないですか?

ハッシュタグで渋谷、六本木が付いているので、そこの場所ですね。

クラブ多いですからね、渋谷なんか特に。

インスタのDMでどこのクラブに勤務しているから教えてくれそうですがね。

 

スポンサーリンク

 

まとめ!

以上、SUMIDe(スミデ)の学歴や本名は?年齢や経歴などのwiki風プロフィール!をお届けしました。

こんな凄い方がクラブのセキュリティーやっているって、ある意味安心しませんか?

トラブルとか頭キレるから迅速に対応してくれそうですし、迷惑な客を論理で論破してくれそうですね(笑)。

クラブあるあるの動画面白いので、皆さんも是非視聴してみてくださいね。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

みなさん、初めまして。 野球が大好きなスズキです。 プロ野球や大リーグなど、試合結果だけでなく日々の野球に関係するニュースや選手の情報、はたまた高校野球から社会人野球までと幅広く関心を持っています。 自分も若い時に野球の経験があってたまに草野球やバッティングセンターで汗を流しています。 観戦だけでなくプレイする楽しみも年齢が上がるにつれてたまらない物があります。 野球に関する記事を書いていくので興味ありましたら読んで行っていただけると幸いです。 今後、是非よろしくお願い申し上げます。