かなでっち(演歌)の父の歌声が凄い!年齢や経歴などのプロフィールを調査!

スポンサーリンク

 

昭和の歌姫・藤圭子さんのめいで、歌手宇多田ヒカル(39)のいとこにあたるかなでっちさんが24日に演歌でCDデビューしますよね。

宇多田さんのいことって事でも凄いですし、歌が上手いって事でも話題になっていますね。

そこで、かなでっちさんの父親も演歌歌手をされているそうなので、お父さんやお母さんはどんな人なのか気になってしまいました。

かなでっち(演歌)の父の歌声が凄い!年齢や経歴などのプロフィールを調査!と題してまとめてみました。

早速行きましょう。

 

スポンサーリンク

 

かなでっち(演歌)の父の歌声が凄い!

3月に東京都内でキャンペーンライブを開催して、再デビュー曲「浅草の夜」(作詞・冬木夏樹、作曲・藤三郎)を初めて生歌唱しました。

動画を見ても分かる通り、上手ですよね、つい聞き入ってしまいました。

藤圭子さんは伝説の歌姫としても有名で流しで苦労して生計を立てていたそうで、三郎さんも一緒にやっていました。

なので、近くで見ていたので自身も参考になる人がいたので、頑張って上手くなっていったんでしょうね。

動画やTwitterのコメントでも良かったですや、上手いですねなどのコメントも多数投稿されていました。

 

かなでっち(演歌)の父の年齢や本名は?

本名ですが、そのまま藤三郎さんです。

本名で活動していたんですよね。

年齢は1951年生まれの72歳(2022年8月現在) です。

妹の圭子さんは2歳年下になります。

70代でも親れにハットを被り、サングラスをして浅草で歌う仕草は若い印象を受けました。

上京して流しをしていた事もあって浅草は感慨深い土地でもあるのでしょうね。

 

スポンサーリンク

 

かなでっち(演歌)の父の経歴は?

北海道出身の三郎さん。

両親が浪曲師でした。

2歳下の圭子さんと上京し、一家で流しをした事は有名です。

妹の圭子さんは昭和44年、「新宿の女」でデビューを飾り、

翌45年、「女のブルース」「圭子の夢は夜ひらく」が大ヒットしています。

三郎さんは、45年にCBSソニーからデビューしました。

レコードを3枚出していて、46年に引退しています。

その後は浅草でクラブなどを経営していて、現在は浅草の初音小路で妻が飲み屋「松よし」を営んでいます。

2017年からはYouTubeチャンネルも開設して、昭和の名曲を主にカバーして歌っています。

そして浅草の夜で2022年2月に再デビューを果たしました。

かなでっち(演歌)の父の家族は?

奥さんと一緒に浅草で居酒屋を経営していますが、どういった方なのかは情報がありませんでした。

ただ、娘さんが演歌歌手デビューしていて、親譲りの歌声であると話題になりました。

かなでっちさんという方で本名や年齢は公開していませんが、ポケカラというカラオケアプリで歌っておりポップス中心のようです。

歌声も素敵だと評判です。

スポンサーリンク

 

まとめ!

以上、かなでっち(演歌)の父の歌声が凄い!年齢や経歴などのプロフィールを調査!をお届けしました。

藤圭子さんのお兄さんも歌が上手で、宇多田ヒカルさんもそうですがそういう遺伝子を持った家計で凄いですよね。

かなでっちさん、三郎さんと今後も歌手として活躍していくようなので、陰ながら応援して行きたいと思います。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

みなさん、初めまして。 野球が大好きなスズキです。 プロ野球や大リーグなど、試合結果だけでなく日々の野球に関係するニュースや選手の情報、はたまた高校野球から社会人野球までと幅広く関心を持っています。 自分も若い時に野球の経験があってたまに草野球やバッティングセンターで汗を流しています。 観戦だけでなくプレイする楽しみも年齢が上がるにつれてたまらない物があります。 野球に関する記事を書いていくので興味ありましたら読んで行っていただけると幸いです。 今後、是非よろしくお願い申し上げます。