なかっさんと田辺は吉本の芸人なの?素顔や大学に年齢などのwiki風プロフィール

スポンサーリンク

 

2020年9月、彗星のごとくYouTubeに出現した、なかっさんと田辺(さん付けすると、どこまでが芸名なのかわからなくなってややこしいので申し訳ありませんが敬称略)。

2020年12月20日には登録者数1万人を達成!

飛ぶ鳥を落とす勢いと言っても過言でない彼らの素性は、どうやらオタクらしいということ以外は謎に包まれています。

主にオタクネタのコントを数多くアップし、周囲との異質なテンションや気まずさを表現するのが抜群に上手い、なかっさんと田辺。

時に趣味の合う者同士が醸し出す仲睦まじい姿を披露し、視聴者をホッコリさせることも。

この記事では、わずか3ヶ月でチャンネル登録者1万人を突破した、なかっさんと田辺の素顔と魅力をご紹介していきます!

 

スポンサーリンク

 

なかっさんと田辺は吉本の芸人なの?

なかっさんと田辺は、YouTubeのために結成されたユニットで、それぞれ別のコンビに属している吉本の芸人さんです。

なかっさんは「北中こぞう」という芸名でザ・シーツというコンビで活動中。

田辺さんは「シカトホクト」という名前でアングルーヴというコンビで活動しています。

互いにアイドルオタクという趣味が高じてYouTubeに動画を投稿、その後あっという間に人気が出ました。

 

なかっさんと田辺の年齢や本名は?

前述した通り、なかっさんと田辺は、普段はそれぞれザ・シーツとアングルーヴという別々のコンビで活動をしています。

アイドルオタクという共通点のみで繋がっているので同期でもないようです。

なかっさんと田辺の年齢と本名は以下の通りです。

なかっさん:本名 北中直幸

年齢 28歳(1994.5.24生まれ)

田辺  :本名 鹿戸北斗

年齢 30歳(1991.12.31生まれ)

 

スポンサーリンク

 

なかっさんと田辺の素顔や大学はどこ?

なかっさんの最終学歴は高卒で、東京都立篠崎高等学校卒業となっています。

同期がEXITの兼近さんで、交流があるようです。

ザ・シーツの単独ライブの際には、自らツイッターで宣伝するということもありました。

田辺さんの出身大学は謎で、過去のツイートで保育園の実習に行っていたことだけはわかっているのですが、大学名までは明かされていません。

中学時代相撲部だったそうで、今も恰幅がよく、そんなスポーツ歴があったことも頷けます。

残念ながら、なかっさんと田辺のネタに相撲の技はひとつも出てきません(2022年8月現在)。

 

なかっさんと田辺の身長や体重は?

なかっさんと田辺といえば、二人の体格のアンバランスさも面白ポイントのひとつですが、実際はどのくらいの差があるのでしょうか?

なかっさん:身長160cm、体重47kg

田辺   :身長170cm、体重不明

田辺よ、この期に及んで体重を隠してどうする!? …本人が故意に隠したかは定かでありませんが、田辺さんの体重は不明でした。

もちろん、シカトホクト名義でも明かされていません。

身長も、タレントの橋本祥平さんと背の高さが同じという記述があり、そこから辿って170cmという数字が判明したという経緯がありました。

 

スポンサーリンク

 

まとめ!

・なかっさんと田辺はそれぞれ、なかっさんがザ・シーツ、田辺さんがアンクルーヴというコンビで活動中の吉本芸人

・なかっさんの本名は北中直幸(28歳)、田辺さんは鹿戸北斗(30歳)

・なかっさんの最終学歴は東京都立篠崎高等学校。同期にはEXITの兼近さんがおり、交流もあるそう

・田辺さんの出身大学は不明だが、大学時代に保育園の実習経験がある。中学時代に相撲部出身。

・なかっさんの身長体重は160cm、47kg。田辺さんは身長体重未公表ですが、橋本祥平さんと身長が同じというツイートから、身長が180cmと判明

いかがでしたか?

なかっさんと田辺。

どちらもそれぞれのコンビで吉本に所属しながら、YouTubeで化学反応的に結成されたユニットです。

まだ各コンビでの賞レースの実績などはないようですが、「なかっさんと田辺」名義のYouTube動画で注目されはじめています。

それぞれ2つのコンビを掛け持ちしながら個性の強いキャラクターで人気を博しています。

そんな「なかっさんと田辺」、次々とネタ動画などを投稿していますので、今後のさらなる活躍に期待したいと思います!

 

ABOUTこの記事をかいた人

みなさん、初めまして。 野球が大好きなスズキです。 プロ野球や大リーグなど、試合結果だけでなく日々の野球に関係するニュースや選手の情報、はたまた高校野球から社会人野球までと幅広く関心を持っています。 自分も若い時に野球の経験があってたまに草野球やバッティングセンターで汗を流しています。 観戦だけでなくプレイする楽しみも年齢が上がるにつれてたまらない物があります。 野球に関する記事を書いていくので興味ありましたら読んで行っていただけると幸いです。 今後、是非よろしくお願い申し上げます。