ピーター・ガディオットの年齢や家族構成は?代表作品は何?

「Netflix」にて配信を予定している実写ドラマ「ONE PIECE」のキャストが発表され、

ルフィが海賊王を目指すきっかけとなった、憧れの男・赤髪のシャンクスを演じる方をご存知ですか?

ピーター・ガディオットさんという方ですが始めて聞く人も多いのではないでしょうか?

では、早速ピーター・ガディオットの年齢や家族構成は?代表作品は何?と題してお届けしますね。

興味ある方は是非最後まで読んで行って下さいね。

 

スポンサーリンク

ピーター・ガディオットの年齢や家族構成は?

 

年齢は、1986年1月2日生まれの36歳です。

イギリスのロンドン出身の俳優さんで、結構イケメンですよね。

英語とスペイン語が話せて、これまで多数の映画に出演していて助演男優賞なども獲得しています。

家族構成ですが、父親がオランダ人のオーロラガブリエラナバガディオットさん、母親がメキシコ人のジュールマリアヨハネスイグナティウスガディオットさんで兄と妹がいます。

ピーター・ガディオットさんが、結婚しているかどうかは情報がありませんでした。

身長が180cmと高身長です。

ピーター・ガディオットの代表作品って何?

ロンドンドラマセンターで古典的な訓練を受けて、舞台なども多数出演しています。

ピーター・ガディオットさんの代表作品と言えば、

『SUPERGIRL/スーパーガール』

『QUEEN OF THE SOUTH/クイーン・オブ・ザ・サウス ~女王への階段~』

『イエロージャケッツ』などが有名です。

スーパーガールはテレビシリーズで、2話とシーズン2に出演していて、ミスターミクシィズプトルク役でした。

これは62話と長いドラマで、内容はシリアスです。

2015年から2021年11月末まで放送されシーズン1から6までの放送です。

 

『QUEEN OF THE SOUTH/クイーン・オブ・ザ・サウス ~女王への階段~』では、

2016年から2021年まで、アルトゥーロ・ペレス・レヴェルテのベストセラー小説「ラ・レイナ・デル・スル」を翻案したUSAネットワーク向けに制作された犯罪ドラマシリーズで

ジェームス・バルデスを演じています。

シーズン1~3、5、ゲストシーズン4を演じていました。

USA Networks Queen of theSouthでのJamesValdezのプレゼンテーションで、

2017 Imagen Award for Best Supporting Actor –Televisionを受賞しています。

『イエロージャケッツ』では、リカーリング役で、TVシリーズ(8話)で放送されました。

アダムマーティンを演じていました。

まとめ!

以上、ピーター・ガディオットの年齢や家族構成は?代表作品は何?をお届けしました。

本人も今回のNetflixの実写ドラマ『ONE PIECE』に出演できることがワクワクしてするそうで、

早く見たいですよね。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

みなさん、初めまして。 野球が大好きなスズキです。 プロ野球や大リーグなど、試合結果だけでなく日々の野球に関係するニュースや選手の情報、はたまた高校野球から社会人野球までと幅広く関心を持っています。 自分も若い時に野球の経験があってたまに草野球やバッティングセンターで汗を流しています。 観戦だけでなくプレイする楽しみも年齢が上がるにつれてたまらない物があります。 野球に関する記事を書いていくので興味ありましたら読んで行っていただけると幸いです。 今後、是非よろしくお願い申し上げます。