遠坂めぐの家族や高校は?身長や年齢などのプロフィール紹介!

スポンサーリンク

 

「キーレてます♪」の弾き語りで人気急上昇中の遠坂めぐさんについて、いったい何者なのか気になりますよね!

「イラっとする些細なこと」を可愛らしい女の子がきれいな声で歌っているギャップがとても魅力的で何度も視聴してしまう人も多いのではないでしょうか。

そんな遠坂めぐさん、なんとあの有名大学のミスコン出身なんだとか!

遠坂めぐさんをもっと知りたい人へプロフィールから家族構成、学歴、経歴などまとめてみましたので是非ご覧ください。

スポンサーリンク

遠坂めぐのプロフィール!

本名:遠坂めぐ(えんさかめぐ)

生年月日:1998年3月11日 (2022年5月時点で24歳)

出身:東京都

血液型:A型

身長:163cm

体重:公開されていませんがとてもスリムな体系をされているので40kg前半と予想されます,

趣味:曲作り、歌、ピアノ

特技:知っている曲なら楽譜なしで即興で弾ける

「キーレてます♪」というクセになるメロディで「イラっとする些細なこと」を弾き語る動画がSNSで何度もバズっています。

YouTubeの急上昇クリエイターにもピックアップされていてまさに人気急上昇中です。

 

遠坂めぐの家族構成!

家族構成は公開されていませんが、おそらくご両親のみで兄弟については現時点まででは言及されていません。

また、お父さんは既に亡くなられています。

 

無人島に1つだけ持って行くものに「家族」と回答するほど家族思いな遠坂めぐさん。

今までで一番泣いたことはお父さんが亡くなられた時ということで、お父さんの「自分の好きなことをやりなさい」という言葉が活動の原動力だそうです。

遠坂めぐさんのSNSにはご両親に対する愛情が伝わります。

 

遠坂めぐの学歴!

出身大学:慶應義塾大学環境情報学部(偏差値72.5)

とっても高学歴ですね!

「キレてます」の動画を視聴した人はわかると思いますが、遠坂めぐさんはとても滑舌が良くてハキハキ歌われいて知性に溢れているのが伝わります。

動画を見て頭のいいイメージを持たれている人も多いと思いますが、ズバリその通りでした。

そして、大学在籍時代にミス慶応SFCにエントリーされて「LaLa賞受賞」されています。

まさに、「才色兼備」を体現されています。

SFC」は慶應義塾大学の「湘南藤沢キャンパス」のことで、「LaLa賞」はこのミスコンの協賛企業であるライバーアーツの特別賞のことです。

TikTiokやYoutuberとして活躍されている遠坂めぐさんにピッタリの賞です。

 

出身高校は公開されていません。

しかし、過去の高校についてのツイートを参考にすると、「成城学園高等学校」ではないかと思われます。

移っている人のスカートがバラバラなので制服自由。

 

幼稚園から高校まで一貫

遠坂めぐの経歴!

遠坂めぐさんのSNSのアカウント名は、「遠坂めぐ@キレてます!の人」「遠坂めぐ🧈キレてます!の人」と必ず「キレてます!」を前面にアピールされていますが、一体何者なんでしょうか?

実は遠坂めぐさん、シンガーソングライター兼、作詞家・作曲家として活躍されています。

SNSの動画以外にもCDのリリースやライブ活動もされています。

 

他にも自分で作詞作曲をした楽曲を他のアーティストさんに提供されています。

 

・山出愛子さん「365日サンタクロース」「3月なんて」「ピアス」

出典元:https://utaten.com/songWriter/58605/

・なかねかなさん「AWA」

出典元:https://www.uta-net.com/song/307140/

「キレてます」の動画が何度もバズっていて有名な遠坂めぐさんですが、実はピアノもギターも弾き語りができるプロのシンガーソングライターなのです。

ちなみに現在は事務所に所属せずにフリーで活動されています。

まとめ!

「キーレてます♪」で有名な遠坂めぐさんですが、才色兼備で家族思いでとても素敵な女性ですね!

「キレてます」の動画はその動画のイメージに合わせて遠坂めぐさんがコスプレをされているので、その姿が見たくて動画を視聴されている人も多いのではないでしょうか。

また、最近は時事ネタを取り入れた動画も投稿されていています。その知的さと清楚な見た目が男性人気を掴みそうですね。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

スポンサーリンク

 

ABOUTこの記事をかいた人

みなさん、初めまして。 野球が大好きなスズキです。 プロ野球や大リーグなど、試合結果だけでなく日々の野球に関係するニュースや選手の情報、はたまた高校野球から社会人野球までと幅広く関心を持っています。 自分も若い時に野球の経験があってたまに草野球やバッティングセンターで汗を流しています。 観戦だけでなくプレイする楽しみも年齢が上がるにつれてたまらない物があります。 野球に関する記事を書いていくので興味ありましたら読んで行っていただけると幸いです。 今後、是非よろしくお願い申し上げます。