関口ケントはハーフなのかを調査!親や経歴などのwiki風プロフィール!

スポンサーリンク

 

YouTubeアナリストの関口ケントさんをご存知でしょうか?

動画配信サービス「Locipo(ロキポ)」とゲーム実況が人気で総チャンネル登録者数が130万人を超「ドズル社」との企画で応募された企画の中から、ドズル社に指令を出す事で注目されています。

この関口さんの容姿からハーフなのかって噂があります。

また、親や経歴も気になる人が多いようです。

そこで、関口ケントはハーフなのかを調査!親や経歴などのwiki風プロフィール!と題してまとめてみました。

早速見て行きましょう。

 

スポンサーリンク

 

関口ケントはハーフなの?

Twitterの画像や著書の紹介の画像を見ると、確かにハーフな顔立ちをしていますね。

ヨーロッパ系の感じがして、結構カッコいいし知的な印象を受けました。

過去にTwitterの投稿でも自身がハーフである事を公開しています。

答えは、ハーフです。 

生まれ、育ちは日本ですが英語は話せないそうです。

妹さんがいるんですね。

確かに、子供の時の画像を見れば一目瞭然です。

 

関口ケントの親は何をしている人?

関口さんの親の情報を検索してみたましたが、それらしい情報はありませんでした。

両親のどちらかが外国の方でしょうね。

Twitterの画像から見て、お母さんは綺麗な方か、お父さんはハンサムな感じでしょうね。

今後SNSなどで自身の親御さんの事を公表するかもしれませんよ。

スポンサーリンク

 

 

関口ケントの本名や年齢は?

本名は、関口健仁和旨(セキグチケントカズムネ)さんです。

長い(笑)。

ハーフの人ってこんな感じの名前ですよね。

年齢は、1989年生まれの32歳です。

現在会社を経営していて、ADの経験やプロデューサー業など色々されています。

Twitterの内容も見ると業界人っぽい服装にユーモアなコメントなど、

様々な企画をプロデュースしてきた方なので、なんか惹きつけられてしまいます。

 

関口ケントの経歴は?

業界では有名な方なので、経歴もオープンにされています。

著書も出しているので、この辺はさすがですね。

YouTubeアナリスト。

株式会社Wednesday CEO。

1989年東京都生まれ。

26歳で妖怪ウォッチ公式YouTubeチャンネルを立ち上げ、チーフプロデューサー。

2017年に株式会社テクサ(現株式会社ライバー)の執行役員に就任し、

2019年に「株式会社Wednesday」を立ち上げCEOに就任

出典元:https://www.hmv.co.jp/artist_%E9%96%A2%E5%8F%A3%E3%82%B1%E3%83%B3%E3%83%88_000000000844754/biography/

株式会社Wednesdayは、動画配信者の育成などを行っている会社です。

テレビ番組のADや映像・番組制作を行う会社に勤めていた事もあるので、メディア系が専門のようです。

神田伯山さんの「神田伯山ティービィー」

上原浩治さんの「上原浩治の雑談魂」なども一緒に配信しています。

有名な方達ですね。

最終の学歴は工業高校なので、意外な進路でもありますね。

 

関口ケントの嫁は美人?

関口さんは結婚していて、子供が3人います。

20歳の時に結婚していて、Twitterでは奥様に感謝の意を投稿している事もあります。

どういった方なのか画像などはありませんが、将来は湖にサウナ付きのロッジを買って奥さんとMMOするそうです。

お子さんの画像はTwitterで時たま出てきます。

そっくりです。

 

まとめ!

以上、関口ケントはハーフなのかを調査!親や経歴などのwiki風プロフィール!をお届けしました。

「Locipo(ロキポ)」とYouTuber「ドズル社」の「開局! ドズル社TV」に関口さんは携わっているので楽しみですね。

経歴も下積みから会社経営にYouTubeの企画、運用などまさに時代にマッチした仕事に携わっていてかっこいいですね。

今後も様々な企画を期待しています。

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

みなさん、初めまして。 野球が大好きなスズキです。 プロ野球や大リーグなど、試合結果だけでなく日々の野球に関係するニュースや選手の情報、はたまた高校野球から社会人野球までと幅広く関心を持っています。 自分も若い時に野球の経験があってたまに草野球やバッティングセンターで汗を流しています。 観戦だけでなくプレイする楽しみも年齢が上がるにつれてたまらない物があります。 野球に関する記事を書いていくので興味ありましたら読んで行っていただけると幸いです。 今後、是非よろしくお願い申し上げます。